マイグレーションの利点

thrshs
システムを運用していく上でマイグレーションというのはいつかは行わなくてはいけないことになりますが、なぜ必要になるのか。ということをきちんと説明できておいた方が良いでしょう。
大規模な移行を行うことになるのですから、これまで親しんでいたシステムが大幅に変更になることも予想されますし、周囲の理解をきちんと得た上で行使した方が後々問題になることも避けられます。

なぜした方がいいのか

様々なシステムを運用していくに於いて、これまでと同じような環境下で作業した方が楽なのは間違いありません。しかし、ネットワークの世界というのは常に変化を続けるものだと言えるでしょう。
刻一刻と新しいものを求められるようにもなっているのですから、いつまでも古い技術に固執してしまっていると、成長性がない仕事をいつまでもしていると誤解されてしまう結果になります。
また、周りがどんどん新しい環境になるようにステップを踏んでいっているというのに、とても効率的ではないと考えられる方法を採用してしまっているようでは先行きも不安になるでしょう。
マイグレーションをすることによって全てが万事解決!ということにはならないかもしれませんが、それでもある程度は環境を変えられるというのならばやってみる価値はあるのではないでしょうか。
もちろん、タイミングというのも非常に重要なものになってくるのは間違いありませんし、今はまだその時ではない…。といったような判断を現場レベルで行うのも重要にはなります。

変化させることに慣れよう

古くから日本の企業というものは変化を忌避するような傾向にあるようにも感じられるのですが、これからどんどんネットが大事になってくることが予想されますし、前時代的だと言わざるを得ません。
柔軟に変化をしていった上で、どのように動いていくのかということが非常に重要になってくるのだと断言できますし、まずは小さなところからマイグレーションを行うのがいいでしょう。
たとえば、職場で使用しているパソコンのソフトウェアが古いものだけれども、特に不自由はないから使い続けている。という時には迷うことなくアップデートさせるといった行動が必須です。
小さなところからコツコツと積み重ねていくことに慣れてしまえたら、段々と規模を大きくした上で何をしていくべきかをしっかりと考えてみてください。大事なのは想像力になります。
いきなり全てを刷新するのは大きなコストが掛かるかもしれませんが、だからといって放置してしまっていると将来的にデメリットになる可能性も充分にあるので早めの行動を心掛けましょう。

これからの時代には

一昔前までは過去と同じことをしていれば何とかなっていたかもしれませんが、最近ではどのような業界に於いてもマイグレーションというものは必須になってきていると言えるでしょう。
今までのやり方は決して間違っていないはずだ…。なんていうことを考えているのだとしても、行動を起こさずにただ傍観してしまっていてはいずれ時代の波に取り残されてしまいます。
ただ、過去にやってきた様々な成果をまるごと無視してしまうというのも効率的ではありませんし、良かったものはきちんと残して、時代にそぐわないと思われるものを移行させるのも大事です。
全部を新しくしてしまおう!なんて考えてしまっていると、いずれ失敗することにもなってしまいますし、マイグレーションするにしても重きをおくべきは何かをしっかり見極めてください。
PR:マイグレーションとは?

更新情報

ページ上に戻る