なぜマイグレーションが必要になるのか

今のままでも充分満足しているのに、マイグレーションなんて必要あるかなあ…。なんて思ってしまっている人たちもいるかもしれませんが、最早必須の時代になっているとも言えます。
時代が変化していっているというのならば、企業としても傍観しているわけにはいきませんし、まずは現場で働いている人たちが行う意味をしっかりと把握しておくのが重要になるでしょう。

コスト削減が大事

そもそもシステムを新しくしようという時に1から開発をしようとすれば莫大なお金が掛かってしまいますが、マイグレーションならば既存のものを利用するのでコスト削減に繋がります。
そこまで大した違いはあるかなあ…。なんていう風に疑ってしまいがちなのですが、エンジニアといったような職業の人たちならばいかにマイグレーションが魅力的か気づけるはずです。

移行ならでは利点

また、元からあったシステムをマイグレーションするというのならば、今まで使っていたものを停止させずにそのまま使い続けることも可能になるので、作業スピードが維持できます。
時間に終われているビジネスマンにとっては一分一秒も無駄にできないはずですから、コストが削減できるだけではなく時間まで有意義に使うことができるマイグレーションがオススメされるわけですね。

どうしても必要になるのか

そのうち行わなくてはいけないのは分かっているけど、なんか面倒くさいなあ…。なんて思っている人たちもいるかもしれませんが、作業自体は信頼できるエンジニアに任せればOKです。
多少の費用は掛かってしまうかもしれません。けれども、長い目で見たら会社のためには必須だと理解できるはずですし、悩んでいるくらいならば早めに実行に移しておきましょう。

関連する記事