変化させて利益を生み出すことを考えよう

なぜ様々な企業がマイグレーションに踏み切っているのかということを考えてみると、やはり利益に繋がる何かしらが存在しているからだと言えるかもしれませんが、当然ですよね。
ただのデータ移行程度ならば何も問題はないのですが、古い言語から新しい言語を扱う必要があるという話にもなってくると色々と厄介な問題も出てくるので早めに片付けていきましょう。

効率の良さを重視して

これまでと同じシステムを使い続けている場合と、移行させた場合ではやはり生まれてくる利益というものも異なってくるので、なるべく早くマイグレーションさせることを考えてください。
なかなか難しいことのように思えてしまうかもしれませんが、今現在何が停滞しているのかということをきちんと把握した上で、色々と試行錯誤を繰り返してみて実行に移してみましょう。

投資は惜しまず

社内でマイグレーションができるようなエンジニアが存在しない…。というのならば、フリーランスに委託することになると思うのですが、その際には出費を小さくしようとはしないでください。
今後の開発環境を左右するような重要な移行だというのならば、多少値が張ったとしても実績があって信頼できるエンジニアに依頼をした方が、将来的にはきっと満足ができるはずです。

人材不足だけれども

業界的にもエンジニア不足だと常に言われているので、きちんとした人材を見つけるのにも骨が折れるかもしれませんが、マイグレーションの為ならば多少の苦労は惜しまないようにしましょう。
特に有能だと感じた人材がいたのならばフリーランスであったとしても、正社員になってくれるように頼んでみたり…。といった努力をしていくような企業ことこれから伸びるはずです。

関連する記事