既存のシステムを使い続けないこと

これまで使用し続けてきたシステムが気に入っている。なんていう人だとマイグレーションに関しては否定的な意見を持ってしまっているかもしれませんが、時には変革も必要になります。
移行させるというのならば、0から開発をするより格段にコストも抑えられることになりますし、作業を中断して新しいものができるのを待つ。ということも不要になるので安心できるでしょう。

愛着があっても

これまでにずっと同じシステムを使い続けてきた。という人だと、どうしてもマイグレーションを行って開発環境が変わることに不安を覚えるかもしれませんが、大きな差異はないはずです。
特にメインフレームからオープン系へと移行するレガシーマイグレーションの場合だと長年使用してきた実績があるものをそのまま使い続けることにも繋がるので違和感も少ないでしょう。

思い切りも大事

一口にマイグレーションと言っても様々なものがあるのですが、時にはデータを移行してから機能確認をするだけ…。といったような簡単なものも存在しているので気構える必要はありません。
それに、より働きやすい環境にするために行っていることなのですし、これまでの作業のやり方が大幅に変わってしまうこともありません。時には柔軟に受け入れて次のステップへと進みましょう。

タイミングがきたら

一度マイグレーションを行ったからといって今後は一切必要がない。ということにはならないので、然るべきタイミングがきたのならばきちんと移行させるように気を付けておきましょう。
特にネットのシステムというものは毎日のように新しい技術が開発されていると言っても過言ではありませんし、時には短いスパンでもマイグレーションが発生する場合があると理解しておいてください。

関連する記事