環境を変えるためにはまずはマイグレーションを

新しいシステムを構築するよりかはマイグレーションを進めた方がいいというのは聞いたことがあるのだけれども、実際問題必要かどうかの見極めが難しい…。と思っている人もいるでしょう。
確かに、これまでに使ってきたシステムを移行させるというのは少しばかり面倒なようにも考えてしまうかもしれませんが、環境を良くするためには必須だとも言えるかもしれませんよ。

誰でも使えるようにする

たとえば、これまでメインで使用してきたシステムは出来が良いけれども、一部のパソコンでは作動しなかった…。という時にこそマイグレーションを行えば他のOSでも作動できるようになります。
そうすることによって職場全体の作業能率がアップすると言うこともできますし、できるだけ使いにくかったものをオープンにしていくという意識を持てば変化させることも可能になるでしょう。

固執しすぎないで

マイグレーションさせることによって何かシステムに不備が出てきてしまうのでは?なんて不安に思ってしまっていると賛成できないかもしれませんが、あまり思い詰めないようにしましょう。
あくまでも移行ということになっているのですから、今まで使ってきたソフトウェアなんかでも通常通り使い続けることは可能になっていますし、これまでの環境と何ら変わりませんよ。

一度は行ってみよう

時代の流れがマイグレーション一択という風に傾いてくるのも時間の問題であると判断することもできるので、まずは小さなところから移行をスタートさせていってみてください。
これまではなかなか手が出せなかったのだけれども…。ということを考えていたのだとしても、いざ実際に行ってみると拍子抜けするほど簡単だった。なんてことにもなるかもしれませんよ。

関連する記事